コンタクトレンズの販売ルート別シェア

Image Replacement

コンタクトレンズの市場における、販売チャンネル毎のシェアについての情報です。

コンタクトレンズ市場シェア・コーナー 【目次】

販売ルート別におけるシェア

コンタクトレンズがどのような販売ルートで売れているのか、その販売チャンネル別の数字をみてみると、店頭販売が82.3%、インターネット通販が17.7%となっています(2012年データ)。

ネット通販が占めるこのシェアの数字は、増加傾向にあります。オンラインショップの普及率と、コンタクトレンズ売上高からすると、ネット通販は、まだまだ大きなポテンシャルがあるといっていいでしょう。ネット通販が伸びてきている理由は、いくつかあります。

まずは、価格。コンタクトレンズ利用者に、購入にあたり何を気にするかというアンケートをすると、やはり一番多い答えが「価格」です。実店舗の店頭販売と比べて、店舗代の掛からない通販は、それだけ価格的訴求力を出しやすいメリットがあります。

送料代を差し引いて考えても、ネットで購入した方が安いというのが、ほとんどのお店での現実となっています。

それと、ネット通販店の多くが、眼科の処方箋提出が不要という点も、利用者獲得に大きく貢献しているようです。店頭販売では処方箋(指示書)の提出が要求されますが、海外、最近では国内の通販も、処方箋なしでレンズが購入できるお店が増えてきました。

また、利便性ということも挙げられます。自宅で簡単に買い物ができるオンラインショッピングは、コンタクトレンズに限らず、まだまだ需要が伸びています。

楽天やYahoo!ショッピング、Amazonなどを代表とするオンラインショップの利用者は、今後も伸びていくでしょう。この流れはまだ当分の間、続いていくと思われます。


次のページへ 「コンタクトレンズ業界シェアの今までの流れ」 ≫≫ 

 

 1番オススメ通販  通販ランキング  コンタクト処方箋 徹底解剖
おすすめコンタクト通販
ランキング1位のショップ
コンタクト通販ランキング
ランキング1〜5位
コンタクト処方箋
コンタクト処方箋について
満足度No.1通販ショップのご紹介。注文するならココがお勧め! 処方箋不要コンタクト通販の満足度トップ5。購入時の有益比較情報。 コンタクト購入時の処方箋の要否について徹底解剖。コンタクト処方箋に関する一番詳しい記事です。