コンタクトレンズ市場シェア将来推移

Image Replacement

コンタクトレンズ業界の各レンズメーカーの今後の市場シェアの推移についての推論です。

コンタクトレンズ市場シェア・コーナー 【目次】

コンタクトレンズ業界シェアの今後の展望

コンタクトレンズ業界の市場シェアの今後の流れは、どのように予想されるでしょうか?

これは各社しのぎを削っていますので、どうなるかの確証はありません。しかし、今後の流れを予想する幾つかの要因はあります。

現在圧倒的な世界的市場シェアを誇るジョンソンエンドジョンソンですが、J&Jが必死になって防ごうとしている「あること」があります。

それは何かといいますと、「市場のコモディティ化」です。

これは、どの市場においても言えることですが、商品が市場に浸透していくと、各社の商品の差別化が難しくなり、独自性を出しずらくなってくることを意味します。そうなると価格破壊が起こり、企業は収益を上げづらくなります。

それを防ぐためにJ&Jでは、新商品を投入したり、時には販売店側に対して独占禁止法ぎりぎりの圧力で、市場をコントロールしようとしたりしてきました。しかし、こういった手法は一時的には有効かもしれませんが、長期的に見た場合、市場のコモディティ化は避けられません。


そうなると、市場占有率は自然と下がっていくものです。J&Jが現状のシェアをキープし続けることは現実厳しいでしょう。アルコンの価格攻勢や、それ以外の新しいレンズメーカーも低価格を武器に市場シェア獲得を狙ってくるでしょう。

日本市場におけるクーパービジョンのように、医療機関との連携を密にすることにより、利益率の厚い市場を獲得していく企業もでてきます。また、日本市場においては、メニコン、シード、HOYAといった日本レンズメーカーが台頭してくることも考えられます。

コンタクトレンズというのは、基本、世界中で同じものが使われています。その点、日本のレンズメーカーは、日本人合ったレンズに特化して研究開発を進めていくことが可能です。実際にそのことを、今後の企業の方向性として示している日本レンズメーカーもあります。

そうなると、日本市場においては、メニコン、シード、HOYAなどが現状以上にシェアを獲得していくことも予想されます。




コンタクト国内通販店である アットスタイル では、J&Jやボシュロム、アルコンといった海外メーカー品のみならず、メニコンやシードのコンタクトレンズも取り扱っています。

クーパービジョンのコンタクトは、日本国内では通販で流通していないため、当サイトのランキング2位でもご紹介している レンズモード でを利用すると良いと思います。クーパービジョン製品の種類も豊富で価格も格安です。


コンタクトレンズ市場シェア・コーナーの最初に戻る 

 

 1番オススメ通販  通販ランキング  コンタクト処方箋 徹底解剖
おすすめコンタクト通販
ランキング1位のショップ
コンタクト通販ランキング
ランキング1〜5位
コンタクト処方箋
コンタクト処方箋について
満足度No.1通販ショップのご紹介。注文するならココがお勧め! 処方箋不要コンタクト通販の満足度トップ5。購入時の有益比較情報。 コンタクト購入時の処方箋の要否について徹底解剖。コンタクト処方箋に関する一番詳しい記事です。