コンタクト 処方箋 合法 違法 薬事法

Image Replacement

処方箋不要のコンタクト通販店。これって薬事法的には合法?違法?

コンタクト処方箋 徹底解剖コーナー【目次】

薬事法上、コンタクトレンズの処方箋不要販売は、合法か、違法か?

まず、厳密に言うと、「コンタクトレンズ処方箋」というものは存在しません。なぜならコンタクトレンズは処方箋を必要とするような医薬品ではないからです。コンタクトレンズは高度管理医療機器です。コンタクトレンズ処方箋と呼ばれているものは、あくまでも「装用指示書」です。医師が薬剤師に対して発行する処方箋とは異なります。

薬事法上、コンタクト購入時に処方箋(装用指示書)を提出しなければならない法的義務はありません。

法律上はコンタクト処方箋提出の義務はないのです。ただし、販売業者は、購入者に対して処方箋の提出の義務付けを行うか否かを、独自の判断で決めることができますので、処方箋提出要のお店が存在します。なぜ、処方箋提出要のお店があるかは、当コーナー2ページの 処方箋提出を義務付ける店がある背景を参照して下さい。


コンタクト使用で、本来一番気をつけるべき点は?

現在、日本国内の実店舗、ネット通販の両方あわせてみた場合、処方箋提出を義務付けるコンタクトショップと、処方箋不要のコンタクトショップとがあります。どちらも合法的な販売方法です。

処方箋が必要なお店は、利用者の目の安全性を強調しています。ただし知っておかなければならないのは、コンタクト使用による眼の不調の主な原因は、「コンタクトレンズの不適切な選択によるものよりも、長時間装用やコンタクトレンズの汚染によるものが多い」とされている事実です。

そう考えた場合、利用者の眼を守るためには、「処方箋の義務付け」よりも、「購入者に対して正しいコンタクトの使用方法の情報提供をきちんと行う」ことの方がより大切であると言えます。眼の安全のために処方箋提出を義務付けているだけでは、つじつまが合いません。

現在は、全てのコンタクトレンズ販売業者は、医療機器販売業の許可が必要であり、営業所毎に販売管理者を設置する義務が課せられています。「購入者に対して正しいコンタクトの使用方法の情報提供をきちんと行う」ことを全事業所に徹底するためです。行政はこういった努力により、コンタクト利用者の眼の安全を守ろうとしています。


コンタクトレンズ販売における、処方箋提出要否の薬事法における見解や、眼のトラブルの真の原因については、国会答弁にて行われていますので、よかったら以下の衆議院サイトの文章を読んでみて下さい。

質問:コンタクトレンズ購入時等における眼科検診に関する質問主意書
答弁:衆議院議員寺田学君提出コンタクトレンズ購入時等における眼科検診に関する質問に対する答弁書


コンタクト処方箋 徹底解剖コーナーの最初に戻る 

 

 1番オススメ通販  通販ランキング  コンタクト処方箋 徹底解剖
おすすめコンタクト通販
ランキング1位のショップ
コンタクト通販ランキング
ランキング1〜5位
コンタクト処方箋
コンタクト処方箋について
満足度No.1通販ショップのご紹介。注文するならココがお勧め! 処方箋不要コンタクト通販の満足度トップ5。購入時の有益比較情報。 コンタクト購入時の処方箋の要否について徹底解剖。コンタクト処方箋に関する一番詳しい記事です。